2018. 6. 4

京都吉田山大茶会

6月2日3日に京都吉田神社で行われた吉田山大茶会に出店致しました。
当園のブースにお越しいただいた皆様誠にありがとうございました。


今年は何とも多難続きの春でありましたが、今回の吉田山大茶会への出店は自分たちの中で一つの目標としていたことでした。
イベントで販売した2018年春摘み紅茶。実はこの紅茶の生産は皆一度は諦めていたことであり、販売までの道のりはゼロからのスタートではなく、まさにマイナスからのスタート。
煎茶、てん茶を摘み取りを進めながら煤まみれの紅茶工場の清掃、補修工事から始まり、萎凋層の設計製作、自分たちの力だけでは完全アウト!のところを困難を極めながらも辿りつくことができました。
助けていただいた大工さん、電気屋さん、茶機械の技術屋さん、そして応援していただきましたお友達の皆さま、本当にありがとうございました。



吉田山大茶会出展の為に準備した商品を紹介します。


樹齢68年「やぶきた」

ご購入はこちらからhttp://yokaocha.shop-pro.jp/?pid=132757953
一般的に茶の樹の寿命は30年から35年ほどといわれています。
このやぶきたの茶畑の樹齢はなんと68年。
現3代目園主が生まれる前、2代目が作った茶畑です。

この畑についてのエピソードをブログにかきました。
「30年渡り続けた丸太の橋」http://chiyonoen.jp/archives/925

・品種:やぶきた
・標高:650m
・樹齢:68年
・摘採日:2018.5.4
・生葉蒸し時間:50秒
・仕上げ火入れ:やや強
・圃場:矢部村字杉山
・管理:農薬化学肥料不使用
・施肥:油かす、植物性ぼかし肥料








Posted in 読みものNo Comments » 
コメント





Comment



CAPTCHA